サッカー日本代表監督であるハリルジャパンが抱える問題点

もちろん、すべて良いことばかりではない。サッカー日本代表の本田圭佑はFW起用にようて、スプリントする回数が増えて、後半になると足が止まる試合が目立つようになつた。

ハリルホジッチはサッカー日本代表の監督に就任以降、縦への意識を強調してきた。そのため速いタィミむノ!1発でチャンスになることもあるが、本田がまだディフェンノスにマークされている状態でハスが出てきたリ、精度の低いロングボールを追いかけたりすることも少なくない。無駄な走りが多くなると、必然的にスタミナの消耗は早くなる。

疲れた状態でブレィしていれば、ブレィのクオリティは下がる。決定的なシュー卜をミスすることや、ゴール前での落ち着きが失われてしまう。つまり、本田が本田でなくなってしまう のだ。

縦こ速く攻めようとして一本調子になるのは、チームとして解決していかなければならない問題だ。今は裏を狙うのか、それともパスをつ 卜よぐのか。メリハリをつけることが重要になる。

サッカー日本代表の香川真司にも、単なるリンクマンに留まらないブレイが求められる。中盤で正確にパスをさばきながらも、ここぞというタイミングではゴール前に上がつていき、フィニッシュに絡む。香川が香川であること。それが、チームにブラスになるのは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です