ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手はニューヨーク・ヤンキース戦に先発出場

ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手は、11日(日本時間12日)に敵地でのニューヨーク・ヤンキース戦に「9番・左翼」として先発出場。3打数1安打に今季2つ目となる盗塁も記録した。第1打席では見逃し三振に倒れた青木は、第2打席は1死二塁から投ゴロを放ち、三塁に走った走者が挟まれアウトとなってしまう。しかし、青木は続くスプリンガーの打席で二盗に成功。この盗塁は今季2個目の盗塁となった。さらに、スプリンガーの中前適時打で青木は生還し、貴重な追加点に貢献した。7回表の第3打席には二死から初球を三塁線に流し打ち。二塁打となり、日米通算2000本安打まで残り「13」とする。青木は7回裏の守備から退き、この日の成績を3打数1安打1盗塁とした。この日の安打で打率を.282に上げた青木。今月中の日米通算2000本安打達成に期待がかかっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です